vocalconsort initium
ヴォーカルコンソート・イニツィウム)

主宰兼指揮者

合唱指揮者の谷郁 、柳嶋耕太 の両名によって2015年に設立された室内合唱団。

ソリスト、アンサンブルシンガー、合唱指導者などそれぞれ独自の音楽家としてのキャリアをもつメンバーの高い基礎能力をベースにして、時代・洋の東西を問わず、その楽曲の魅力を最大限に発揮するための多声楽演奏のあり方を追求している。

2015年3月8日「Projektchor Philharmonia第2回演奏会」の賛助出演にてデビュー。2016年9月9日には、初の単独演奏会「vocalconsort initium ; 1st concert」を開催し、好評を博す。

2018年3月23日、31日に2nd concertを開催予定。

公式サイト Facebook twitter

 

Projektchor Philharmonia
プロジェクトコア・フィルハーモニア)

指揮者

合唱指揮者の柳嶋耕太らによって2013年に設立された、公募によるプロジェクト合唱団。2015年からは指揮者として谷郁をさらに迎え、2人指揮者体制で活動している。欧州で研鑽を積んだ新進気鋭の合唱指揮者と、普段はそれぞれの場所で様々な合唱活動にいそしむ合唱人が一堂に会し、交響合唱作品を通してぶつかりあうことで、新たな化学反応があるのではないか。また、その先にあるさらに一段上の「調和(フィルハーモニー)」は一体どんなものになるだろう、それを体感してみたい!というのがねらい。

これまでにフォーレ《レクイエム》、モーツァルト《証聖者のための晩課》、ディストラー《自然に寄せて》、ベアストー《祝福されし都市、エルサレム》、シューベルト《ミサ曲第2番ト長調》、ブルックナー《モテット》、モーツァルト《レクイエム》を演奏し、いずれも好評を博した。

 

Facebook

 

Hugo Distler Vokalensemble
(フーゴ・ディストラー ヴォカールアンサンブル)

指揮者

谷郁の完全帰国に際して2017年に設立された室内合唱団。合唱団の名前でもあるドイツの教会音楽家・作曲家であるフーゴ・ディストラーの作品を始めとするドイツ近現代合唱作品と、ルネサンス時代のポリフォニー作品をレパートリーの二本柱とする。音符ではなく「言葉」を歌う合唱団を目指している。

公式サイト   Facebook twitter

 

Tokyo Bay Youth Choir
(トーキョーベイ・ユースクワイア)

指揮者

2018年9月に新設された18歳〜35歳のメンバーを中心に構成されるユース合唱団。東京湾に面した千葉県浦安市に活動拠点を置きながらも、東京、埼玉、茨城などから「本気で合唱をしたい人」が集まる志の高い合唱団である。ドイツ・オーストリアをはじめとするヨーロッパ諸国のアカペラ合唱作品を広く歌っている。

Facebook twitter

 

CANTUS ANIMAE
(カントゥス・アニメ)

アンサンブル・トレーナー

1998年7月、岐阜県在住の雨森文也氏の音楽に魅せられた「歌好き」たち23名が創団。世界に通用する合唱団になろうという、かなり無謀な夢をもって、団名をラテン語で「魂の歌」と名付けた。創団から17年あまり。団員数は50名を超えるほどに成長したが、全員が無類の「歌好き」で、無謀な夢を追う人々であることには変わりない。

 

オルフ祝祭合唱団

指導者

オルフ祝祭合唱団は、合唱とバレエと管弦楽を融合した“合唱舞踊劇”のカンパニー、「O.F.C.」の合唱部門として1995年に誕生した。歌うのみならず時に動きを伴って舞台の進行を助け、音楽と言葉とダンスという要素を繋いで効果的に融合させている。

 

こだいら合唱団

指導者

東京都小平市で年に一度演奏会を行なっている市民合唱団。毎回200名近い合唱団員が集まり、近隣地域の市民オーケストラとの共演で、ベートーヴェンの交響曲第九番をはじめとする楽曲を演奏している。